に投稿 コメントを残す

代替えストロー提案のその後




 こんにちは!急激に涼しくなった神戸。朝はブルっと身震いで起きた ❝ dahiko ❞ です。昨日日中の暑さが遠い昔の様で。。あら涼しい。。あら快適。。といった言葉しか浮かばないそんな朝でした。というか裸で窓全開で寝てたんで。。ブルってしまいました(笑) みなさま風邪などひかれませんように。。季節の変わり目を肌で感じる朝でした。

 ストロー経過報告

 今日は以前、エコの観点からプラストローの代替え商品を探すという最近よくある話から派生した、 エコを考える。。なぜプラストローだけ? という日記を書きました。そんな中から片手間ではありますが、いくつかの国、いくつかの商品がピックアップされ輸入を検討するまでの商品に出会いました。今日はそんな、代替えストローのその後を書いておきます。実際、バンブーストローはもう商品ページに掲載して販売してますからね。仕事って、オモシロイものです。ハイ

過去記事はコチラ

エコを考える。。
なぜプラストローだけ?

ノベルティにいかがですか?
バンブーストロー



 すでに販売を始めているバンブーストロー。そのクォリティーはなかなかのモノですが単価が高いのが玉に瑕。。「100円のモノを飲むのに100円のストロー?」「手作り?高品質?使い捨てが前提のストローに高品質は求めないわ」などなど反響はほぼアンチに近い(笑) 販売者はどんなに良いモノでも自分が販売するマーケットの反応が大切。だれに聞いても答えはほぼ「ノーサンキュー!」オモシロイぐらい断られました。

 が、「ノベルティ商品、ノベルティグッズという捉え方ならどうか?」という問いには「ダダで貰えるなら使ってみたい!」「Myストローという考え方も良いわね」という反応。つまりは『エコにお金を払う気はありませんが、貰えるんなら貰いますよ!』というところ。残念な結果・結論ですがビジネス的に考えると『そういう用途・利用で使うモノ』『そういうマーケットの商材』『そもそもそういう国・マーケット』だと考えれば良かったワケで。。

 エコに取り組める方というのは、『エコに取り組む教育』『未来を考えエコに取り組まざる得ないという教育』を小さい時から受けている方々。エコを楽しめる環境にある方々。など数少ない国や地域の方々に限られているように思います。実際エコってお金がかかりますよねー既存のシステムや商品って合理的にバランス良く考えられてますからね。品質やその効果・満足度と対価がそこそこなんんですよねー。

 このバランスを崩して『エコだから!』と押し付けてもね。『エコに取り組む教育』『未来を考えエコに取り組まざる得ないという教育』を受けていない我々は、『エコって関心はあるんだけど。。とりあえず見てみよう』ぐらいだったら超イイねぐらいをあげないとね。。ほとんどは『よその国の話』『本当にエコって必要?』『自分には関係ない』『そもそも取り組む理由がわからない』というトコロでしょ。はずかしながらボクもそうですよ!ボクも!これが当たり前なんですよねー

 日本ではエコの観点から商売するのは難しいマーケットと推測。残念ながらエコってお金がかかるんですよね。エコにお金をかけたくないのか?お金がかけられないのか?自信の尺度、対価に見合わないとホント買ってくれないマーケットなんですね。寄付ってなるとあんなに集まるのに。。自分にはお金がかけられない、自分が住む世界にはお金がかけられないんでしょうか?自分を考える良い機会になりました。
 

 ここで発想を転換

 でもね。たまたま遭遇したバンブーストローはね。ひとつひとつ丁寧にベトナムの方々が手作りしているワケですよ。それでいて品質・手触りも良くて、オシャレにうるさい?日本人向けに焼印でメッセージやロゴまで入れてくれるんですよね。ようは良い商品なんですよねー。これもう『 売りたい!』商品になったワケですよ。ようは脱線?というよりは線路乗り換えて違う商売になっちゃったワケです(笑)

 ただエコ観点では『高い!』『いらない!』と言われてしまったワケです。ですから反応が良かった『タダでもらえる!』『貰ってエコに参加できる!』という旨から、ストローを使う業界のノベルティーとして推していくしか今のところ手がないワケで(笑) まったく脱線にもほどがありますが。。エコとはかけ離れ、おしゃれな贅沢品を販売することになったワケです。

 ただオシャレな贅沢品であってもエコはエコなんですねー。オシャレな贅沢品を貰ったり、買ったりするコトで『知らないうちにエコ活動してる』という利点も前面に押し出して欲しいんですよねー。エコが浸透した世界に辿り着けば世界は変わる?本当かウソか解りませんけど。。ひとりひとりのエコな思考が世界・地球に良いのなら、オシャレから入ろうが、エコから入ろうが構わないワケです。

 オシャレなモノをもち、エコで社会?世界?地球の環境に貢献する。入り口は違えどカッコイイ大人ですよね。バンブーストローはそんなカッコイイ大人が持つ、イチアイテムになればなーと考えております。当然ですが日本で販売すための必要な書類は揃っていますんで安心してお使いいただける商品です。

 つづいてオシャレかどうかは解りませんが。。

 米粉ストロー

 オシャレかどうかはさておき、環境に非常にやさしいストローです。米粉を主原料とするこのストローは、そのまま埋めて土にかえる自然循環型のストローです。一般的なプラストローに比べ、強度が弱い米粉を使用しているため分厚いのが難点ですが、バンブーストローよりは安いのが特徴です。


 こうしてみるとガラス細工みたいでナカナカのオシャレアイテムですね。角が割れやすいので輸送を乗り切る梱包が必要になりそうですが。。バンブーストローよりは格段に安く実用的です。また安全面も基本的な原料が米粉で土にかえるといった商品ですから。。日本国内での販売にも支障ないよう必要な書類も用意できるというコトですし。。この商品にも期待が持てますねー。こちらも日本での販売を準備中。。

 ストローを含めた食器などを扱う大手卸会社や数社の雑貨店・食器店などが興味を持ってくれいる様子。うまく進んで日本デビューすると嬉しいですね。それにはお客様の尺度や思想と対価のバランスがとれるのか?気になるところですねー。


 といった2商品がすでに動き出しております。この近況にプラスが出ておりまして。。コレはプラストローの代替えに最も適しているのではないか!というストローが見つかりまして。。現状のストロー事情を考慮しても価格、用途・使い方は『 ほぼマッチ!』あとは耐久性。ということでサンプルを送っていただいている状況です。

 これナカナカの商品ですよ!サンプルは税関待ちの状況なので到着はスグ。到着後の検証が楽しみでしかたありません。準をおって後々紹介いたしますね。すべてというワケにはいきませんが。。どれかが当たってくれると嬉しいなー。だってねーエコが実践できて。少しでも世界・地球環境が改善されて。ウチも少し儲かって。いつのまにかお客様がエコに貢献する。こんな良いことないじゃないですか!ねーみなさん


 これらの商品にご興味があればご連絡ください。一緒にエコ&お仕事しましょうよ。お問い合わせ楽しみに待ってまーす。

E-mail info@dahiko.com

Google翻訳で済む程度にお願いいたします。


LINE ID hacollab

Google翻訳で済む程度にお願いします。

LINE ID:hacollab


written by dahiko



に投稿 コメントを残す

ノベルティにいかがですか?バンブーストロー




 8月もあと少し。。連日の猛暑日が終わるのか?夏は終わるのか?そこんとこは定かではありませんが8月が終わると気分は秋というところでしょう。。夏の終わりをハーモニーするのもあと2週間弱になりました。。こんにちは! ❝ dahiko ❞ です。夏の終わりになんですが以前ちょこっと私目が紹介した脱プラストローのお話。私目、弊社でも色々と商材を探しておりましたところ。。ベトナムの商品を扱ってみることにあいなりましたので、こちらでご紹介したいと思います。


ベトナム・バンブーストロー工場の風景

1本1本グラインダーで小口を削る手作り

 素材は天然の細い竹

 ご存知かと思いますが、ベトナムでは古くから村の周囲を囲む垣といった屋外での使用は、荷物を担ぐための天秤棒や竹を細工・加工した籠など大小様々な竹を多く利用してきました。もちろん筍として食すことも当たり前。そんな竹と古くから付き合うベトナムには様々な用途に適した竹が自生しております。

 今回ご紹介するバンブーストローもベトナムに自生する天然の竹を採取・選別し工場の人々が1本1本丁寧に加工・出荷する商品です。サイズは外径が11~12mm・8~10mm・6~8mm・4~5mm と4段階の企画がありますが、いずれも天然の竹を使用しておりますため。。当然ながら径に若干バラつきがみられます。オススメは一般的なサイズの4~5mm。流行りのタピオカが吸い上げられる11~12mmでしょうか。

 いずれも安心してお使いいただける様、製造・加工の工程に一切の化学薬品を使用してりません。素材は天然由来、化学薬品未使用ですからまさにエコ。害なく地球へと自然に還るエコ商品であります。


天然バンブーストロー!
1000本入 オリジナル焼印入れ可能!



ショップロゴを入れてオリジナル化

Myストローをお客様に提案してみては?

 ノベルティとしての提案

 天然由来の材質でベトナムの工場の人々が1本ずつ心を込めて削るバンブーストロー。サイズはまばらで趣があってと素敵な商品ではありますが、もうひとつ、オシャレさに欠ける。。そこでベトナムのメーカーさんとお話した結果、『 焼印によるロゴ入れサービスをしましょう 』との提案を頂きました。

 ご注文時に焼印で入れたい文字をお伺いし、オーダー・決済から約2週間で製造・加工され早ければその後1週間でお手元に到着する。といった手筈になっております。残念ながら日本語はないのですが。。ローマ字フォントは数種類から選べるとのことです。

 お店の名前はもちろんですが、メッセージを入れることも可能ですから、お店からのプレゼントやMyストローの提案などお店独自のノベルティとしていかがでしょうか?価格は少々張りますが独自のブランド化に一役かってくれそうなアイテムとなりそうです。

 食器・ストローとして日本で使用できるよう、ベトナム工場発行の仕様書、第三者機関による検査書も揃っておりますので安心してご利用頂ける様、準備を整えております。使用面、雑貨感覚をクリアした天然由来のエコ商品。お店のイメージアップ、ノベルティに是非ご利用ください。


天然バンブーストロー!
1000本入 オリジナル焼印入れ可能!



written by dahiko

に投稿 コメントを残す

エコを考える。。なぜプラストローだけ?



 春・夏・秋・冬かかわらず、出勤時に毎朝飲んでるアイスコーヒー。好みを言えばローソンのアイスコーヒーがベター。。今日はそんなアイスコーヒーのお話。。ではなーくーーそのアイスコーヒーに刺さってるストローが主役。そんなプラストローですが、いよいよ廃止を発表する企業が現れ始めました。スターバックスやマクドナルドは外資系ですからゆくゆく。というのは想像してましたが。。すかいらーくがいち早く手を上げるとはね。。

 環境保全、ゴミ問題の面からプラストローに問題が解るんですが。。本当に安価で品質の良いプラストローが世の中から姿を消すのかな?という疑問は残るんですよねー。

 良くないのは解っていても。。便利で安価な商品から移行できるのか?プラストロー使用からそれ以外のストローにすべて移行するのにどれぐらいかかるの?そもそもプラストローの話ばっかりしてるけど。。容器は?とかね疑問はかなり多いな正直。



・参考にどうそ

ストロー廃止で何が変わる?マイクロプラスチックごみが警告する海洋問題(前編)

ついに日本も!世界中でプラスチック製ストローが廃止になる7つの理由 新アイデアの代替品にも注目!


 ビジネスチャンスではあるなと。

 結果、結論は出ておらず。。まだ始まったばかりですからね。ただ見方を変えると『 ビジネスチャンスでもある? 』少なくてもなくはないかなーなんて考えながらECサイトをウロウロしてんです。ガラス、紙ストロー、ステンレス、竹と色々な材質のストローがあるワケです。

 紙ストローは当然、紙ですから。。液体を吸うためのストローの材質には向いてないなーというのは解りますよね(笑) ただ思ったよりは丈夫。。ですが長い時間刺しっぱなしはムリ(笑)ふやけていきます(笑) 一番安価な材料ですから、もっか代替え最有力。。現に海外のマックでは使用中。ただクレームもかなり多い様子(笑)

 ガラスストローはカップルで飲む♡♡アレのイメージですね(笑) ステンレス製は、オシャレでチョットええかなーと。竹もオシャレですね。問題は食品衛生法の規格に準ずるか。。これに限りますね。いずれもビジネスチャンス。。紙はねーかな。スキにも入れないかな(笑)




 こういうニュースが出る頃には美味しいトコはもうない。。と考えるのか?マダマダ隙間があれば。。と考えるのか?なんか引っかかるときは朝起きてメールに流れてきてたり(笑) チャンスは寝てまて!とは言い切りませんが。。ある時は勝手に転がって来るんですね。もちろん探すのは前提。探してるから転がって来るんですな。

 ストローはどうなるんでしょうねー良い出会いがあるといいなー

 ただ容器はなぜ?大きな問題にならないのか?セットで考えないのか?が不思議でならない。。なんか都市伝説的な大きな力でも働いてんのかな(笑)


written by dahiko