に投稿 コメントを残す

丹波篠山黒豆便り ~其之参




 こんにちは!dahikoです。今日は約1か月ぶりとなりました、黒豆農家 ❝ 稲やん ❞ が作る丹波篠山産の黒豆にフュチャーするこの企画。 『 ひょんなことから繋がり・ご縁が出来ちゃった 丹波篠山産黒豆便り 』の3回目となります。今年の夏は雨続き。梅雨は「 雨が無い。。雨が無い。。 」と言っていた ❝ 稲やん ❞ も8月は「 雨ばっかりで作業できない 」に口癖がシフト。

 この8月9月の雨続きは、秋収穫の農作物に深刻な影響が出そう。すでに一部の野菜は高騰していますし、収穫できても収穫高になんらかの影響を及ぼすでしょうね。おかげで草取りをお願いしている、就労継続支援B型事業所の方々にはご迷惑をおかけしちゃいまして。。とにかく作業予定日が雨で延期。雨で延期と延期連発。。いっこうに草取りができませんでした。。

 『 草取りなんて少々、雨降っててもできるでしょ? 』

 『 草取りなんて少々、雨降っててもできるでしょ? 』なんて私目も甘く考えていました。。が、7月初旬の畑ならまだしも、この記事TOPの写真を見て頂ければお解りのとおり。。すでに作業員の方々の胸まで届く黒豆・雑草の間で作業すれば、ポツポツ雨や雨上がりでさえ葉っぱについた水滴でビショビショになるでしょうね。❝ 稲やん ❞ いわく「 明け方降りる朝露でさえビショ濡れになる 」らしくこの時期の畑に直接入る作業は午後、朝露が乾いてから。というのが上司なようですね。。

 農作業に対して『 認識不足だな。。』と痛感する話ですね。園芸や切花で生産者・農家さんと付き合いが長年ある私目でしたが。。認識不足は否めませんね。こうしてご縁を頂き作業風景を見せて頂いて初めて解る苦労や作業工程・作業内容ってまだまだたくさんあるんでしょうね。ホントいい機会を頂けたと感謝いたします。

2019・09・05
丹波篠山市黒豆畑・草取り3回目

 作業所の人ってスゴイ

 ひょんなことから始まったこの企画。今回、契約主であるY様の一言で就労継続支援B型事業所の方々に作業してもらうことになりました。最初は炎天下での農作業ということや、作業内容についての理解や作業量の多さに『 大丈夫なのか?』と正直懸念があったんですが。。それは知らなかった。。知ろうとしなったから。。という全くの無知でしたね。

 おどろくほど飲み込みが早く。。もくもくと作業される作業所の皆様を見ていると『 スゴイな 』という一言。その後『 ホントにドコか悪いんだろうか?』と疑問が湧くほど見た目は一般人。それでいてマジメで丁寧に作業されています。そして責任者である福祉士の方の話もよく理解している好印象。

 気になったY様が話を聞けば「精神の軽度な障害に週3度の人工透析が必要 」とのこと。そんな方があれだけの仕事をもくもくとこなす姿は『 スゴイな 』以外にありません。どうしても疑問や偏見をもってしまいがちでしたが。。それは完全なマチガイでした。身体や精神の具合で出来ることや作業量は違うようですが、我々と変わらない『 出来る人は出来る 』というコトに気づかされましたね。

 今回から商品紹介になったのは

 前回までの、丹波篠山黒豆便り ~其之弐丹波篠山黒豆便り ~其之壱 、は日記カテゴリーでしたが今回から商品紹介カテゴリーに移動しました。というのも丹波篠山市で ❝ 稲やん ❞ が作る丹波黒豆をこのブログで先行販売することになったからです。そう丹波篠山から直送で販売します。繊細は後日商品ページを作成する予定で、当たり前ですが無くなり次第終了となります。

 黒豆農家 ❝ 稲やん ❞ を応援しつつ、就労継続支援B型事業所の応援も出来ちゃうこの企画。こういった輪が広がる母体・核になるよう応援・お伝えしていく所存。ですから、ひとりでも多くの人や会社に、この企画・趣旨に賛同頂き、美味しい丹波篠山産の黒豆を食べて頂きたいんですね。

 鞘豆、枝豆として食したり、煮豆として食すことは知らていますが。。あまり知らていない美味しい食し方なんかも紹介しますんで引き続き投稿される、丹波篠山黒豆便りをご贔屓ください。まだまだ追加が聞けます!ご興味ある方は、このHPでもY様にでもご連絡ください。では 其之肆 でも是非お会いしましょ!


written by dahiko



過去記事は下記リンクから

丹波篠山の黒豆農家知りませんか?

丹波篠山黒豆便り ~其之壱

丹波篠山黒豆便り ~其之弐



に投稿 コメントを残す

丹波篠山黒豆便り ~其之弐




 7月に入り丹波篠山にもようやく雨が!恵みの雨がようやく降ったようで黒豆農家(※当たり前ですが他にもやってます。)❝ 稲やん ❞ からも喜びのLINEが届いていました。こんにちは!今日は ひょんなことから繋がり・ご縁が出来ちゃった 丹波篠山産黒豆便りの2回目。友人である ❝ 稲やん ❞ の黒豆畑をとおして丹波篠山産の黒豆を紹介するこの企画其之弐。ようやく契約!かと思ったら草取り草取りの夏。お付き合いくださいませ。

 ようやく本契約


 1年目ということもありファーマー ❝ 稲やん ❞ との契約が遅れに遅れ、本来は耕作前契約で話を進めてきたこの企画。。発芽買い。。いわゆる青田買い契約になってしまいましてね。この企画は黒豆をとおして黒豆農家である ❝ 稲やん ❞ と今回、契約主であるY様を顔合わせしたときの話。Y様の「 農家で大変なことは?」 との問いから始まったんですね。

 農家は一般的に収穫後にしか入金が無いワケで。自身の運転資金でまかなえているうちは問題ないワケです。が、ひとたび昨年のような凶作に見舞われれば翌年の運転資金に響くワケです。種を仕入れ、収穫までに必要な資材や人力にかかるお金が足りない年が多々ある。 つまりは借入金がなければ事業運営に支障が出る。 という話からなんですね。

 であれば!一時金、契約金として半金を契約時に支払い、❝ 稲やん ❞ 農家さんに農作業・事業運営に邁進・没頭し、『 良いモノを作って欲しいな 』というY様の考えから始まったワケです。ちなみに Y様、昨年・一昨年と別の農家さんから会社の福利厚生の一環として黒豆を買って社員と黒豆狩りを楽しんで、社員やお客様に配っておられました。。私目も頂きましたよ。

 そんなY様の思いもあり、早めにまとめたかったんですが。。顔合わせが3月中頃、現地視察が4月中頃と。。とても耕作前、種蒔き前の5月中頃には間に合いませんでした。というワケで契約自体がズレにズレこみ7月となってしまいました。❝ 稲やん ❞ は一時金入金を喜んでくれましたけど。。来年は 耕作前、種蒔き前の5月中頃 契約を目指します。


2019・07・04
丹波篠山市黒豆畑視察
とりあえず1,000本超を本契約

 もうひとつの趣旨

 Y様にはこの企画を進めるにあたり、もうひとつ趣旨をご相談頂いておりまして。。軽度なこの企画を進めるにあたり、もうひとつ趣旨をご相談頂いておりまして。。軽度な作業ならできるけど事業所には勤められないという方々が雇用契約を結んで、短時間だけ働ける場所を提供する作業所、いわゆる就労継続支援B型事業所。※これは何度聞いても説明が難しい。実際に作業所で働く彼らに会ってみても私目となんらかわらない。。だから余計に難しいのか?A型とB型の違いはさらに聞いても解らなかった。。

 そのいわゆる作業所さんで働く彼らの賃金が体型が曖昧で良くないし、作業所を継続する事業主は日々事業資金に四苦八苦していると知ったY様。知り合いの作業所、小さななことですがそこからでも支援したいと考えたそうで、どこかとコラボできないか?何かとコラボできないか?と考えていたそうで。。この黒豆企画には畑の草取りを早くから取り入れたかったそうです。

 そんなこんなで 7月。梅雨の雨で一気に大きくなった草取りを作業所に依頼。畝内の1回目の草取りがおこなわれました。草取りは主に畝の溝部分を機械や除草剤で。という除草方法と、畝内は畝をくずさないよう手で取る方法の2手に分けれるそう。その後者、手と簡単な草取り道具で草取りする部分を作業所の皆さんにお願いしました。暑い中ご苦労様でした。。

 作業所さんへのお支払いは一般の時間給に近い金額と出張費をお支払いできるよう、黒豆購入時に+αをお買い上げのお客様にご負担頂く予定。といっても1本につき100円程度で十分事足りる計算ですからご賛同いただけると嬉しいかぎりですね。

2019・07・16
丹波篠山市黒豆畑・草取り1回目


 早くも2回目

 上には書いていませんでしたが、作業所さん依頼の草取り1回目の前に1回。1回目と今回の間に1回。と、❝ 稲やん ❞ がそれぞれ機械、除草剤を使い除草作業を行っています。機械・除草剤で作業する除草と作業所さんに依頼を出す手作業での除草が交互に行われているワケですね。つまり週1は除草に費やす時間が必要でなんとも農家さんとは大変なお仕事であります。。

2019・07・30
丹波篠山市黒豆畑・草取り2回目


 黒豆の花が咲き始めました

 7月の丹波篠山市黒豆畑はこんな感じでした。黒豆収穫手前まで約月2回ペースで作業所に除草を依頼することになりそうです。なんとか契約にもこぎつけましたし、来年・再来年を見据えながらの報告スペースも設置出来ましたし、どうにかこうにか!なんとかかんとか!なりそ!というコトで8月の報告もお付き合いくださいませ。

 あと7月初めに本契約したわけですけど、まだまだ追加が聞けますんでご興味ある方は、このHPでもY様にでもご連絡くださいね。思い立って丹波篠山市に黒豆狩りに行くよりは相当安いと思いますよ!さらに作業所の支援も出来ちゃうなんて。。安く買った上に社会貢献!これは良いんじゃないですかーーそそられるでしょ?ぜひこの企画参加しませんか?

 最後に黒豆の花が咲き始めましたので。。あまり見る機会もないかなーと ❝ 稲やん ❞ が送ってくれたんで載っけておきまーす。それではまたー



written by dahiko